小説家・坂口安吾とは

坂口安吾(さかぐち・あんご)(1906~1955)は、新潟出身の小説家です。

文学作品にとどまらず、歴史小説、推理小説、文芸エッセイなど幅広いジャンルで活躍しました。

主な作品としては小説の「吹雪物語」「白痴」「桜の森の満開の下」「信長」「二流の人」「不連続殺人事件」「街はふるさと」「夜長姫と耳男」などがあります。

エッセイでは、「堕落論」「続堕落論」「FARCEに就いて」「日本文化私観」「文学のふるさと」「教祖の文学」「安吾巷談」「暗い青春・魔の退屈」などがあります。

坂口安吾といえば、1946年の終戦直後に発表した「堕落論」で一躍有名となった作家です。それまでの倫理観に反して「落ちきる」ことを取上げて、当時の反響を呼びました。

坂口安吾とはの略歴

1906年 新潟県新潟市に生まれる

1931年 処女作「木枯の酒倉から」を発表

1946年 エッセイ「堕落論」、小説「白痴」を発表・・・世間が注目

1947年 執筆ペースが大幅増

1947年 梶三千代と結婚

1948年 『不連続殺人事件』(1947年発表)が探偵作家クラブ賞を受賞

1949年 薬物中毒のため入院

1950年 エッセイ、大衆小説、推理小説などを多数発表

1955年 脳出血のため享年48歳で永眠

坂口安吾とゆかりある人物たち


リンクについて

英語・英会話のこと. ドライブ旅行と日帰り旅行について. オンリーワンギフトのことのさんこうに. 資格と仕事のいろいろ. 育児と家族にかんするはなし. 軽自動車のことです. のことなら.
| 坂口安吾TOP政策ウォッチャー

ご意見・ご感想・リンク・お問合せ等はこちら (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)

Copyright © 坂口安吾を語る. All rights reserved